読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだうだママのくず箱

うだうだしがちなママがぐだぐだしています。

37週0日 一時退院→37週4日 出産しました!

§ 37週0日

ついに一時退院……!

もう家に帰るのは産後だと思っていたのに……帰宅しました!!
久々の病院の外の空気は気持ちよく。
そして車酔い(笑)
家に戻れば「家のニオイだ〜〜〜!!」(違和感)

主人の一人暮らし状態だったから、家のことが適当になるのはわかるけど……部屋が、汚い(;´Д`)笑


§ 37週1日〜3日

だいたいグダグダ、寝ては起きてズボラご飯を作って食べて。
寝てても立っても、張る時は張る。
けど、痛くないし〜〜〜とゴロゴロ。

とりあえず、陣痛タクシーだけは登録しておくか〜〜〜と、登録を済ませたのが37週2日。


§ 37週4日

前日は深夜1時半頃に就寝。
とにかくグータラしていた。

明け方?
時間はわからないけど、やたらずっと張る。
前駆陣痛……という文字が頭に浮かぶ。
波のある痛みというより、ほぼ絶えずお腹の張り感がある。
「張って痛いけど、耐えられるな〜」
と、合間合間に眠る。

午前10時頃。

「なんだか痛みに波が出てきた気がする……」
「あと、張っている時よりも下(生理痛の時に痛むあたり)が痛くなってきた……?」

とりあえず寝起きのトイレ……

すると、ドロロッ……と勢いよく古い出血が。

「前駆陣痛が長かったし、たくさん出たのかな」
と一瞬納得しかける。

「ん?でもそれにしては水っぽい感じだった気がする」

そしてトイレを出たあとも、断続的にドロ……と何かが出てくる感覚。

そして10時半頃、お腹の痛みの間隔を測定し始める。
この時で、波がくると思わず動きが止まるくらいに痛い。

主人はもともと昨日が帝王切開の予定日だったこともあり、仕事は休みにしてあった。

私「痛い……」
夫「どんなふうに?」
私「どんなって……今までの張りとは違う感じ……」
夫「とりあえず歯を磨いて何か飲めや」
私「痛みがすぐ来るから、歯磨きの用意も飲み物の準備もできないよ〜」
夫「ハイハイ」
私「ありがとうございます〜〜〜」

痛みの間隔は、1分から3分ほど(笑)
(上の子の時はほぼ8分間隔で陣痛スタートしてました笑)

ドロ、ドロ、と何かが少しづつ出ているナプキンを、恐る恐る見てみる。

私「ああ〜〜〜〜これ見てくださいよ、血が赤いですよね……」
夫「ほんとだ」
私「あと、破水?してる気がする……今までこんな水っぽいオリモノ出てなかったし」
夫「そうか」
私「病院に電話するので、支度始めておいてください……」

病院へTEL→もちろん至急病院へとのこと→陣痛タクシーにTEL→病院へ

外来へ、陣痛の痛みを我慢しつつ歩いていく。

内診をしてもらうと、案の定破水していた。
ただし、高位破水?だったからか、破水にしては少しづつ出ている。
子宮口は3cmの開き。

車椅子が用意され、そのまま陣痛室へ。

NSTと水分補給の点滴をつける。
陣痛の間隔は平均4分ほど。
しかし、明らかに痛みが増している……。

明らかにお隣で陣痛に耐えている妊婦さんより波がきてる(笑)

体感は20分ほどの陣痛室(たぶんその倍はいたはず……?)
確認してもらうと、子宮口は5cmほど。

「一度分娩室に行ってみましょうか」
ということで、痛みの合間を縫って分娩室へ。

12時20分くらい?
時計が目の前の壁にあったのに、全く覚えていない私(笑)
痛みごとに助産師さんにお尻を押さえてもらいつつ、腰をグリグリしてもらう。
主人に飲み物の買い物を頼んだら、なかなか帰ってこない!
私、「どこにいるのよ〜〜〜〜〜」
と涙声。

ちなみにこの時、主人は病院のコンビニで買い物を済ませて、談話室にて悠長にパンを齧っていた模様……。

子宮口が7cm開いたあたりで、ようやく分娩室に来た主人
「あと3時間くらいかかります?」
助産師さん
「もうすぐです!」

主人
「えっ」


「パパ〜〜〜!はやく手を握って〜〜〜(泣)」
(力んじゃいけないので、主人にかわりに手をガッシリ握ってもらいたかった)


主人が来たことに赤ちゃんも気づいたのか、すごい勢いで下りて来る……!!(とんでもなく痛い)

私「痛い〜〜〜っ、ふぅ〜〜〜〜〜っ」
私「いきみたいですぅ〜〜〜〜〜」
(↑全部情けない声)

気づけばその日の当直医さん&副医長さん(たぶんたまたまいた)が揃い踏み。

「もう全開になりましたねー」という声が聞こえたような気がしたあと、

「いきみたかったら、波がきたところでいきんでいいですよー!」

この待ちに待った言葉(笑)

上の子の時に比べて、何か引っかかっているような……とにかく2回いきんでもスルッとは出てこない。

とはいえ、6、7回ほどいきんだところでズルズルと出てきましたよ!!

そして泣いてくれた……!!
意外と大きな鳴き声で嬉しくて、私泣く。
「ちっちゃい〜〜〜〜」
「ちゃんと泣いてる〜〜〜〜」

とか言ってた気がする。

そして体重、なんと2460gほど……!!!!!
また嬉しくて泣く私(笑)

カンガルーケアで胸の上にのせてもらうと、口をモグモグ……これは……おっぱい待ち!!
乳首を咥えさせてみると、すごい吸いつきで、また泣く(笑)

30分くらいの触れ合いの後、少し体温が低いとのことで、保温器へ行ってしまった。

けど、体温だけなら安心だよね〜なんて主人と話す。(産後すぐからNICU……も覚悟していたから)

本陣痛から分娩が終わるまで、なんと3時間40分!!
見事に上の子の半分以下となりました\(^o^)/
もう怖くて三人目は考えられない(笑)




とりあえず一安心したのもつかの間。

私「痛い……」


後陣痛がものすごく痛い……。
生理2〜3日の、いちばん酷いときに次ぐくらい痛い!!

いや、知っていました。
経産婦のほうがキツいこと。
しかし痛いものは痛い。

そして助産師さんによる容赦ないマッサージ。
痛いよ……。



その後産後の病室へ移り、夕食後。
なんと赤ちゃんと同室になれました(^o^)……!!



そして24時間同室なので、今まで授乳……
全然満足してくれなくて、気付いたら日付が変わっていました/(^o^)\



また余裕ができたら……更新します!!

36週6日のぶん。

結論だけ先に書いてしまうと、この日も様子見でした。



●8:15
いきなり退院OKの場合も考え、とりあえず手元に溢れたビニール袋に荷物を詰めまくる……作業も一段落し、ベッドにゴロゴロ。

●8:20
点滴外してもらったところが大変に痒い。
ちなみに留置針だけ残す状態にするなら、毎日最低1回は生理食塩水を流す作業をしなくちゃならないようで。
そんな事されてなかったので、じゃあ私はなぜ針を入れたまま今日まで過ごしていたのか……。

●8:40
主治医の先生が来た。
今日は午後(たぶん夕方)に胎児エコー見るので、退院は明日だって。
まあ私も赤ちゃんの大きさは見てから帰りたいので、今日まで我慢だ……!

●11:13
午前中のNSTが終わる。
昨日よりも張りはゆるく、間隔も少しだけ不規則に。
午後もNSTはあるかも。
シャワーは無理せず、明日帰宅後にしようかな。

●17:40
診察室へ呼ばれる。
頸管長は2cmで問題なし。内子宮口も閉じている様子。
エコーでは赤ちゃんが2100gちょっと。
今の体重だとまだNICU行きそうで……うーん、もう少し保ってほしい!!

●21:38
病室の暖房暑すぎ……。
どうしても耐えられず、看護師さんに氷枕を頼むワタシ。
ここまでくるとさすがに……。

36週5日 張り返しとの闘い②

●9:50
診察。
古い出血だけど、ドロドロと出ているみたい。

●10:05
もうすぐ点滴を抜いてから24時間。
まだ張るけど、大丈夫かな〜?
少し不安。

●10:12
日課のモニターつける。
大きい波が40分のうち3回、そこまでいかない張りが2,3回。
これでも昨日よりはマシなんですよとアピールするも、看護師さんは冷ややか……。

●11:30
まだ張るよ。
張りが気になって、トイレ行くのもお腹を支えてえっちらおっちら。
これはスムーズに退院になったとしても、しばらくは安静にしてないと辛いこと確実。

●11:55
昼食。
それより眠い。眠すぎる。
これ本当に一時退院できるんだろうか。と不安になる。
あんまり食はすすまず。

●12:30
もともと腰痛を起こしやすいほど骨盤がユルユルな私は、昨日からの張り返しでもうガタガタ。
トコちゃんベルトを着けて、骨盤高位の姿勢。
腰を揺らすと骨盤からバキバキと音が……。
まだ産まれてほしくないので、トコちゃんベルトに頼る生活を再開するかなあ。……すぐに出産にならない限りは。
骨盤高位は私には合っているようで、眠くなるわ〜。(転院前だけど、そのまま眠っていたことアリ笑)
問題は……トコベルを全然洗えていないことだ。汚い。

●16:00前
2度目のモニター。
ほぼ5分間隔で張っている〜〜〜
朝とそんなに変わらない〜〜〜

落ち込む。

●16:10
内診にて子宮口の確認をされる。
昨日と変わらず1.5cmくらいの開き。

●17:50
早く張りがおさまってくれないかな……。
と憂鬱。
点滴の効果ってすごいんだなあ……。

●18:30
夕食後、ベテランの看護師さんに話しかけられた。
ので、「明日帰れるか何も言われていない……」
と愚痴る。
「明日も今と変わらなければ、帰れると思うよ」
と言われ、ちょっと元気に。

●22:30
就寝。
夢はみたけど、割と爆睡(笑)
もしかしてこんなに良く眠れたのは久し振りでは???

To Be Continued...

36週5日 張り返しとの闘い①

とりあえず、この時間までのぶんを更新。

●4:57
目が覚める。
もうそれまでがしんどかった。

夢うつつのまま、ひたすら同じ痛み(でも本陣痛ほどではない)と格闘。
一晩中だからか、もう腰がつかれた……。
張りが1分〜5分間隔という地獄(たぶん普通じゃない笑)、しかもそれ以上は強くならないようなのと12時間ほど戦ったのか私……。
お腹はそれまでのガチガチな張りではなくなった気がする。
とはいいつつもまだ平均10分くらいの間隔で張ってるけど。
夜中の蓄積された疲れがあるせいか、痛い。

正直、ここから陣痛になったら死ぬかも……死なないけど。
でも産後にうまく歩ける気はしなくなった。
そして悟った。
「今回も腰にくるかも……」と。

うぅ……、今まで水分を摂る気分じゃなかったので喉が乾いた。気持ち悪い。

●5:12
お腹も疲れ切ってるんじゃ……という雰囲気がある。それでも張るんだからすごいわ。
張りが楽になったことで赤ちゃんの胎動を久々にドスドスと大きく感じられて、「あなたもきっと苦しかったよね……」なんて思う。

●5:30
張りによりトイレに行きたくなる。
ひょえ〜〜〜血がこわいよ〜〜〜絶対出るでしょ。だってあの張りがあの間隔で一晩だよ?
我慢して張るのはイヤだから、行くけどさあ……。

●5:45
トイレ遠のく。
わけがわかりません。
あとメールを確認したら、懸賞応募した米が当たってた(笑)
気が抜ける(笑)

●6:00
トイレ行った。血は古い感じでホッとする。
腹筋?が痛い。疲れた……。

●7:35
朝食の時間。
もう今日は寝て過ごす以外、考えられない……。
まず、張り返しで1分ほどの間隔の張りだった人間もここにいるよ……というのを伝えたい。


私の胎盤、よく耐えたね……。
あと、頸管長と子宮口は点滴外すまでは開いていなかったのがよかったのか。
私がそこらへんにも問題がある妊婦だったら、たぶん今頃出産してたよ……。
ほぼ3ヶ月間ずっとお友達だった点滴さん。
体は想像以上に慣れきっていたんだなあ……。

実は昨晩、主人に「今晩産まれたらごめんね」って送ったら、「まだ産まれないと思う」と返ってきた。
外野からの冷静な言葉って私は結構嬉しいので、「じゃあ、そうなのかなあ〜」なんて思ったりしました(笑)
経産婦で、本陣痛の苦しさを知ってるからでもあるだろうけど。

36週4日 点滴抜いた。けども。

●10時頃
点滴とる。
午前中は特に何もなく。

●13時頃〜
だんだん眠くなる。
とりあえず張り返し第一波が14〜16時にくるのは確実なので、そこは寝るかなーと思っているうちに寝ていた(笑)

●16時頃〜
たまに張るけどそんなにではない!やったー!

●17時頃〜
急に頻繁に張り出すお腹。
張ってるな〜って感じだけど、自分で計測すると1分〜6分間隔。
ちょ、ほんと……と少しだけ動揺するも、どうせ陣痛だとしてもまだまだな痛みだし……と、とりあえず夕食を食べてから報告することに決める。

●19:30頃
トイレに立つ。と、赤黒い血が便器にピャーと落ちている。
あ〜〜〜〜と思いながら看護師さんに報告。
内診してもらうと、頸管長が2cm、外子宮口が1.5cm開いているという……。
でも張り返しなのか陣痛なのかはわからず。

●19:50〜20:20
胎児モニターがつけられる。
すごく波うってる。
看護師さんも困惑。

看護師さん「これが陣痛だったら、赤ちゃんが小さいので一気に進む可能性がありますね……」とのありがたい?お言葉。

「でも哺乳力を考えると、あと1週間ちょっとはお腹にいてほしいよね〜〜〜」

そうですよ〜〜〜〜〜


看護師さん「前のお産の時の陣痛は覚えてます?生理痛っぽいのとか……」

私「9割腰痛だったんで、腹痛はあんまりわからないです……」

看護師さん「そうですか……」

誰も判断がつかないという事態(笑)

●20:38
張りと一緒に腰痛あり。
頻繁すぎる張りで腰痛がきてるのか、骨盤が開くからなのかが全然わからないよ〜

●20:47
トイレに行きたいけど、張りで動くの億劫な上に、出血を見たくないとビビる。
今度トイレに行ったら、絶対にさっきよりたくさん出てくるって……。
産後は悪露ですら怖くなるかもしれないと思う私。

●20:53
トイレに行きたい(切実)

●21:27
耐えられずトイレに。
古い出血……。落ち込む。

●21:47
張るけど痛みはそんなに変わらず。
Togetter読んでれば紛れるくらい(笑)
昼間に寝てしまったため、いつ寝ようかな〜と考える。

●21:51
意識すると痛いので、意識しないようにするのが大変なんだなあ。みつを。

●22:15
とりあえずOwl Cityに癒やされることにする。
張りがあるとトイレ行きたくなるのが困りもの。



ここまでで、あとは明日にでも書き記します!

そして自然分娩へ…(36週2日〜3日)

✩36週2日☆

主治医の説明があり、

「34週頃から経膣エコーでは胎盤が見えない状態になっていたので、自然分娩に切り替えても良いと判断します」

とのこと。

夫婦ともに「母子ともにリスクが低いならどっちでも構わない」
というスタンスだったので、「じゃあ、自然分娩で」とお任せすることに。

正直もっとギリギリな感じだと思っていたので、夫婦で内心「え、本当にここから自然分娩になるの???」

と戸惑うという(笑)

「明日にでも他の医師と話して点滴を外す日を決めますね」

と、トントン拍子に話が進む。



☆36週3日☆

今朝。

「他の先生と話して、今日、点滴の量を半分に減らして、明日外すことになりました。」

(えっ、早くない…!??)

完全に今日はシャワーを浴びて水を買いに行って〜と1日かけて点滴に備えるつもりだったので、軽く焦る私…

昼前に点滴量を減らしたので、昼過ぎ1番早い時間に急いで入る。

さすがにシャワーを浴びると、なんとな〜く軽く張っている気がする。


そして点滴の刺しかえ(笑)

もともと今日が刺しかえの日。
担当の看護師さんは「どうせ明日の朝に外すし、1日くらいなら延長しても大丈夫だと思うけど……」
と言っていたけれど、私が……限界でした……。

もう針のあるところが痒くて痒くて……!!!

触ってはいけないとわかりつつも、一昨日くらいから針のまわりをポリポリしてました(^_^;)
(もちろん、それが原因で漏れても構わんっ!!という覚悟で笑)

新しく刺したところは痛いけど、痒みからは無事に解放( ´∀`)〜♪



まだ点滴半減による張り感に関しては、この後変わってくるとは思うけど……

とりあえずゴロゴロ過ごします〜( ˇωˇ )

胎盤さんは何胎盤ですの?(35週6日)

外来用のエコー&超音波内診を受けました。



赤ちゃんの大きさは……

2070gヽ(=´▽`=)ノ!!!

ようやくの2000g超え!!!!!

喜びもひとしお……なのですが。

が……?????



内診で先生が超音波をクイクイ。
主治医の先生とベテランの先生の二人で胎盤の状態を確認している声が……

3分以上は内診されていた気がする笑



「明日医師が集まる会議があるので、そこで意見をまとめてから、今後の方針を決めましょう」





(´゚д゚`)!?



なにやらこの2週間ほどで、辺縁前置胎盤から低置胎盤に移行していた模様。
しかし低置でも出血のリスクはあるし……でも、自然分娩ができないわけではない……
とはいえ点滴とった時点で陣痛がくるかもしれないし……


という……


これ、帝王切開か自然分娩かの究極の選択を突きつけられたらどうしようね……。
って、メッセージを送り合う私達夫婦(´・ω・`)


今日は眠れるかなあ……。(精神的に)